« バージニアの歌 | トップページ | 三十三回忌 »

2012年4月27日 (金)

夢路より

ジャズをたくさん聴いているうちに、その起源であるアフリカン・アメリカン(いわゆる黒人)の音楽やアメリカ民謡へと気持ちが動いてきました。こうなると当然、登場するのが、スティーブン・フォスターです。

フォスターに名曲はたくさん。「草競馬」、「おおスザンナ」、「故郷の人々」、「ケンタッキーのわが家」。中でも、最後の名曲として知られる「夢路より」が私は好きです。

1.
Beautiful dreamer, wake unto me,
Starlight and dewdrops are waiting for thee;
Sounds of the rude world, heard in the day,
Lull'd by the moonlight have all pass'd away!
Beautiful dreamer, queen of my song,
List while I woo thee with soft melody;
Gone are the cares of life's busy throng,
Beautiful dreamer, awake unto me!
Beautiful dreamer, awake unto me!

2.
Beautiful dreamer, out on the sea
Mermaids are chanting the wild lorelie;
Over the streamlet vapors are borne,
Waiting to fade at the bright coming morn.
Beautiful dreamer, beam on my heart,
E'en as the morn on the streamlet and sea;
Then will all clouds of sorrow depart,
Beautiful dreamer, awake unto me!
Beautiful dreamer, awake unto me!

シンプルで揺らぎのない歌詞ですが、特に2番の前半は抜群で、何度聴いても感嘆します。"wild lorelie"の韻律は白眉でしょう。

坂井修一

このCDを聴いています。

« バージニアの歌 | トップページ | 三十三回忌 »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584940/54573566

この記事へのトラックバック一覧です: 夢路より:

« バージニアの歌 | トップページ | 三十三回忌 »