« 渡辺真知子さん | トップページ | 夢路より »

2012年4月26日 (木)

バージニアの歌

Carry me back to old Viginny という歌があります。James Alan Bland版の曲がよく知られており、1940年から1997年までバージニア州の州歌でした。

この歌は、黒人が労働の日々をなつかしむ歌ですので、人種差別を含むものと言えます。darkeyなどという名詞は、今では使ってはならない言葉でしょうね。

一方で、奴隷労働の中ですら人間の尊厳をもち、人間らしい喜びを味わえるのだ、という人間賛歌としても鑑賞できるでしょう。

私は、米国史の門外漢です。この歌を(歌詞カードを見ながら)愛唱しています。

Carry me back to old Virginny.
There's where the cotton and corn and tatoes grow.
There's where the birds warble sweet in the spring-time.
There's where this old darkey's heart am long'd to go.

There's where I labored so hard for old Massa,
Day after day in the field of yellow corn;
No place on earth do I love more sincerely
Than old Virginny, the state where I was born.

Carry me back to old Virginny.
There's where the cotton and the corn and taters grow;
There's where the birds warble sweet in the spring-time.
There's where this old darkey's heart am long'd to go.

Carry me back to old Virginny,
There let me live till I wither and decay.
Long by the old Dismal Swamp have I wandered,
There's where this old darkey's life will pass away.

Massa and Missis have long since gone before me,
Soon we will meet on that bright and golden shore.
There we'll be happy and free from all sorrow,
There's where we'll meet and we'll never part no more.

坂井修一

« 渡辺真知子さん | トップページ | 夢路より »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584940/54561976

この記事へのトラックバック一覧です: バージニアの歌:

« 渡辺真知子さん | トップページ | 夢路より »