« キム・英子・ヨンジャ歌集『百年の祭祀』批評会 | トップページ | 国際競争 »

2013年6月 7日 (金)

マリリン対キャサリン(佐佐木幸綱さん)

少し柔らかいお話です。

佐佐木幸綱さんは、マリリン・モンロー好きで知られています。私は、(すでに何度も言っていますが)女優といえばキャサリン・ヘプバーン。

坂井「佐佐木さんはマリリン・モンローが好きですよね」

佐佐木「そうだとも!」

坂井「好きなのは、『ナイアガラ』のモンローでしょうか? 『帰らざる河』のでしょうか? 『紳士は金髪がお好き』でしょうか?」

佐佐木「そんなのしらねえよ。とにかくマリリンがいいんだ、女と言えば、マリリン。これで決まり。細かいことはどうでもいいんだ。そういう君は誰がいいんだ」

坂井「キャサリン・ヘプバーンですね」

佐佐木「ああいうスレンダーのがいいのか、俺とは正反対の趣味だ」(オードリー・ヘプバーンと間違えているらしい)

坂井「はあ」

佐佐木「で、どんな映画がいいんだ」

坂井「『冬のライオン』ですね」

(このとき、周囲から、『黄昏』、『アフリカの女王』、『旅情』など、声が出てもりあがってきたところ。。。。)

佐佐木「しらねえ、しらねえ、ふん!ふん!」

コミュニケーションが何も成立しない会話で、これだけ周りの人たちが大笑いしていたのも珍しかったです。

(坂井)

« キム・英子・ヨンジャ歌集『百年の祭祀』批評会 | トップページ | 国際競争 »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584940/57540510

この記事へのトラックバック一覧です: マリリン対キャサリン(佐佐木幸綱さん):

« キム・英子・ヨンジャ歌集『百年の祭祀』批評会 | トップページ | 国際競争 »