« 水泳 | トップページ | 人生の最初の選択 ― 「若き詩人」のその後 ― »

2013年9月29日 (日)

1000万マイル

歌を作っていて疲れたので、「マイレージ・マイライフ」という昔の映画をDVDで観た。

ジョージ・クルーニー演じる主人公は、首切り代行業。つまり、社長の代わりに社員にクビを言い渡す仕事をしている。米国全土の会社をかけ回ってこれをやるから、当然、飛行機のマイレージはたまる。映画は、アメリカン航空とヒルトンホテルがスポンサーだったようで、これらを使うシーンがてんこ盛りであった。

最後のほうで、主人公は、1000万マイルをためて、機内アナウンスされ、機長の特別な歓迎を受ける。航空会社への電話も個人の専用回線となり、空港もホテルも、すべての列をパスして特別待遇でチェックインできるようになり、専用のラウンジを使える。

1000万マイル! これが実マイルであれば、恐ろしい数字だ。赤道の周りで地球一周しても、2.5万マイルにしかならない。私はこれまでの最高で、一年に5万マイル飛んだことがあるが、この年は、7回海外出張をした。それでも1000万マイルためるには、200年かかる。

アメリカン航空でも、この記録をもつ人は、(主人公をあわせて)7人しかいないという。これは本当なのだろう。人生の大半を空で過ごす人たち。放射線を浴びるのも半端ではないだろうし、気流の乱れやエンジンの不調、ミスコネクトや欠航など、いろいろな目にあっていることだろう。

マイルがたまるほど人間のチープ感は高まる。苦笑いしながらそれに耐えられるかどうかかが分かれ目だ。

(坂井)

« 水泳 | トップページ | 人生の最初の選択 ― 「若き詩人」のその後 ― »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584940/58285280

この記事へのトラックバック一覧です: 1000万マイル:

« 水泳 | トップページ | 人生の最初の選択 ― 「若き詩人」のその後 ― »