« 人生の最初の選択 ― 「若き詩人」のその後 ― | トップページ | 「日本を捨てる」から「日本にいられない」へ »

2014年4月11日 (金)

今日は入学式

今日、4月11日は東大の入学式。去年に続いて、日本武道館で、ガウンを着て登壇することになっています。

この日は、新入生君たちのことを思い、同時に自分の来し方をふりかえる日でもあります。

もしもこの場にメフィストフェレスがいて、まだ18歳だったあの日に戻してあげる、と言われても、私は戻りたいとは思いません。また同じ失敗を繰り返して、同じ人生をよろよろと歩むだけ、という気がします。個々の失敗は、今となっては恥ずかしくも愛おしいもの。でも、その時その場にもういちど立つよりは、思い出して悲しむほうがいくらか良いように思います。

今は、私が入学した1977年よりもずっと厳しい時代でしょうが、1937年よりは良いと思います。後者より悪くならないようにすることも、私どもの為すべきことでしょう。

(坂井修一)

« 人生の最初の選択 ― 「若き詩人」のその後 ― | トップページ | 「日本を捨てる」から「日本にいられない」へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584940/59448696

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は入学式:

« 人生の最初の選択 ― 「若き詩人」のその後 ― | トップページ | 「日本を捨てる」から「日本にいられない」へ »