« 今日は入学式 | トップページ | 中島みゆき »

2014年4月14日 (月)

「日本を捨てる」から「日本にいられない」へ

32歳の私はMITの研究員をしていて、「日本に帰るべきか帰らざるべきか」と、研究者が一度は出会う悩みに襲われていました。1991年、つまり23年も前のことです。「日本を捨てるべきか」と少しドラマチックに問いかけてみたりしましたが、私が日本を捨てても捨てなくても、それは私の周辺の小さな出来事で、特別のことではなかったはずです。

今の私の教え子たちは、米国はもとより、イギリス、ドイツ、中国、韓国、ブラジル、ベトナム、ミャンマーなど、国を選ばず世界中に住んで仕事しています。公務員、会社員、銀行員。職種も事業規模もさまざまな組織を背負って海外に出て行き、外国で暮らしている、それも5年、10年と長期に。グローバリゼーションという奴なのでしょう。

今の人たちは、自発的に「日本を捨てる」ことももちろんあるのでしょうが、むしろ「日本にいられない」状態になっている気がします。ただちに移民するわけではなく、日本社会に属しながら、労働や生活の中心をアジアや南米の国々に移している、ということです。

ブラジルのサンパウロでは、駐在員が防弾仕様の自動車で通勤していると聞きます。治安の問題ばかりでなく、言葉、食事、子供の教育、娯楽など。苦労の種は尽きないはずです。

もちろん、今さら「小国寡民」に戻ることはできません。

(坂井)

« 今日は入学式 | トップページ | 中島みゆき »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。