スポーツ

2013年9月16日 (月)

水泳

台風が通り過ぎて青空が出たのをみはからって、市民プールに行ってきた。今日はさすがにすいているだろう、と思ったら、たいへんな混みようであった。

40歳を過ぎるころ、水泳健康法のような本を何冊か読み、私的に悟るところがあって(?)、「2ビートキャッチアップクロール」を会得した。これだと、50メートル1分以上かかるが、そのかわり、かなりの距離を泳ぐことができる。45歳ぐらまでは、これで、1回に1.5km~2km近く泳いだ。

55歳が近づいた今は、1km泳ぐのもちょっとたいへん(脚が吊りそうになる!)。混んでいた今日は、600mで打ち切った。プールは、50m×25mぐらいのまあまあ大きなものだが、子供エリア、大人エリア、遠泳エリア(50mコース*2を往復)に分かれている。私は、いちおう、遠泳エリアを泳ぐのだが、100mごとにお休みして、速い人に先に行ってもらう。

水泳のあとの気持ちよさは抜群なので、もっとしょっちゅう行きたい。40代前半は、一年で100km泳いでいたが、今は全然ダメだ。もう少し泳いでいたら痛風になることもなかったろうが、これなどは後悔先に立たずの典型だろう。

(坂井)