映画・テレビ

2016年9月 6日 (火)

「NHK短歌」9月4日放映 こだま愛さん お迎えの歌

「NHK短歌」9月4日(再放送9月6日)放映分のお迎えの歌について、番組中では時間不足で十分に説明できなかったので、あらためてここで紹介します。短歌は感性で味わうものなので、仕組みを説明しすぎると興ざめになるかもしれませんので、そうお感じになる方は、どうぞ読み飛ばしてください。

(こだま愛さんへ)
身に揺るる
水玉模様
うれひひとつ
たたへてサリー
声澄みわたる

剣幸・こだま愛の宝塚月組ゴールデンコンビを代表するミュージカル『ミー・アンド・マイガール』。前半で、水玉模様のワンピースをまとったサリー・スミスが、「ビルと私、もしかしたら別れることになるのかも」と心配しながら歌う場面です。「水玉」は、サリーの住むランベス(テムズ川のほとりの町)を象徴する模様だそう(剣幸さん談)で、この歌では、上流のヘアフォード伯爵家に行くときも下町の気概を失わないサリーの心意気と不安をともに表現しようとしました。生来の力強さと女性的なたおやかさを歌い上げるサリー=こだまさんの姿です。

に揺るる
模様
れひひとつ
たへてサリー
澄みわたる

番組でも紹介しましたが、この歌は、「身=み」「水=み」「う」「た」「声=こ」と、「ミミ」=こだまさん、「ウタコ」=剣さん、の二人を詠み込んだ折句の構成となっています。ミミがウタコを思う、という舞台を刻み込んだわけです。さらに、「水玉」「たたへて」「澄みわたる」と「水」にちなむ言葉(縁語、と言います)を散りばめ、一首全体でランベスとそこで生きるサリーを暗示するように作りました。

(剣幸さんへ)
うつしみを
ただよひいづる
このこころ
身を捨てて行け
水のランベス

こちらは、同じく『ミー・アンド・マイガール』のラストで、ビルが伯爵の地位も財産も投げ打って、ランベスのサリーのところに戻ろうとする場面。豪華な屋敷で貴族らしくふるまっていても、サリーを思う自分の心は体を抜け出して漂っているようだ。それならば心よ、この身など捨ててランベスに行ってしまえ、という意味。

つしみを
だよひいづる
のこころ
を捨てて行け
ランベス

この歌も、「う」「た」「こ」「身=み」「水=み」と折句の構成。今度は、「ウタコ」=剣さん、「ミミ」=こだまさん、の順にしています。舞台のウタコがミミを思う、というわけです。さらに、「ただよひ」「水」「ランベス」とこちらも「水」の縁語を散りばめ、「ランベスへ行くぞ」の気持ちを強調しました。もうひとつ、4句の「身を捨てて行け」の強い言い切りで、男役トップスターの剣さんの勇姿を示したつもりです。

短歌はむずかしく考えて味わうものではなく、言葉の響きをハートでダイレクトに受け取るもの。少しうるさい説明だったとしたら恐縮です。今回の「NHK短歌」、宝塚ファンの皆様も、短歌愛好家の皆様も、そうでない方々も、お楽しみいただけたのであれば幸いです。
(坂井修一)

その他のカテゴリー